ヘルパーの仕事内容は?

ヘルパーの仕事内容は、利用者さんによってケースバイケースで、業務はさまざまです。
利用者さんが元気なら、話し相手になることも大切な仕事になります。利用者さんに健康面での問題があれば、緊急的に病院に連絡をすることもあるでしょう。

通常、ヘルパーは、排泄や入浴の介助、身の回りの世話などがメインの業務になります。時には、想定していなかった仕事をしなければならないケースも多いです。その場その場で必要なことは何なのか、自主的に考えられる人でないと、なかなかスムーズに仕事をこなしていくことは難しいかもしれません。応用力が求められる仕事だと言っても、あながち間違いではありません。

人と関わる仕事のため、コミュニケーション能力も必要になります。入浴介助においては、利用者さんの体を支える必要があるので、かなりの体力も必要でしょう。高齢者とは言っても、人一人の重さは相当です。それを支えるとなると、なかなかの力が必要になってきます。利用者さんの健康状態次第ではありますが、運動のお手伝いをすることもあります。運動といっても、近所を散歩したり、一緒にお買い物をしたりと、軽めの運動がほとんどです。

基本的には、どの作業も誰にでもできることばかりなのが特徴です。利用者さんの日常生活をサポートする仕事なので、専門的な知識が必要になることはめったにありません。
ヘルパーは重労働と言われることもありますが、コツさえ掴めば力を必要としないサポートの仕方が身につくので、女性にでもできる仕事です。その証拠に、現在は中高年女性ヘルパーも多くなってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です