ヘルパーは信頼を得られることが大切

ヘルパーの仕事は、日常生活で介護を必要としている人をサポートすることです。主な仕事内容としては、身体介護・生活援助などがあります。身体介護では、利用者さんが生活上行うのが困難なことをサポートします。トイレ・食事・着替え・入浴など、日常的な作業がメインです。

トイレのサポートは、利用者さんをトイレまで誘導し、排泄後の下半身の洗浄、オムツの交換、掃除などを行います。利用者さんの介護レベルに合わせて、必要な作業は違います。
食事の場合は、利用者さんに合わせた柔らかさの料理を作り、食事をとる際のお手伝いもします。嚥下が苦手な人には、流動食やとろみ食などを用意します。食事前にはうがいと手洗いをして、食事の後は口の中の洗浄をします。

生活援助は、利用者が困難なことをヘルパーが代わりに行います。住居の掃除、食事の用意、洗濯、買い物の代行などが業務です。住居を掃除する場合は、利用者さんの承諾を得て行わなければならず、勝手に行うことはできません。買い物の代行を頼まれた場合は、利用者さんから代金を預かり、頼まれた品物を購入してきます。買い物が終わった後は、レシートを渡して確かめて貰うことが大切です。その他、生活援助の内容には、ごみ出しや病院での薬の受け取り代行などもあります。

ヘルパーは、利用者さんから相談を受けることもあります。利用者さんから、介護に関する相談を受けた時は、しっかりとアドバイスをしましょう。場合によっては、ケアマネージャーを紹介することもあります。

ヘルパーは、利用者さんとの日ごろのコミュニケーションが重要になります。信頼関係を築くことで、安心して作業を任せてもらうようになるでしょう。利用者さんから信頼してもらえると、大きなやりがいを感じることができます。そんな様子を見ていた家族や周囲の人が、ヘルパーに憧れて入職することもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です